初めてのキャッシングであれば誰しもが考えることです。
プロミスで借り入れをしてもし返済が遅れたときには鬼のような取立てがあるのではないかということ。
もちろん借り入れをするときには返済ができる金額をよく考えて借り入れをしなくてはなりませんが、そう簡単にはいかないこともあります。
プロミスカードを持っているということはいつでも急な入用の時には助けてもらうことができる状況であること。
ところがこれまでキャッシングをしていなかった時には何とかやりぬけたはずのピンチも、プロミスという安心の保険が自分についていることによって多少のピンチでも今までのようにお金を借りるという方法ではない選択肢、これを考えなくなっていることもあります。
簡単に言えば、お金を借りるという選択肢が身近になったことになります。
確かに融資限度額までは借り入れは自由に行うことができますが、それでも借りた分だけ返済をしなくてはなりません。
3万円借りるのは簡単でも、3万円返すのは簡単ではないものです。
そして借りた金額である元金だけを返済するのではなく、借り入れた日数分の利息も支払わなくてはなりませんのでそのことを考えると返済額は元金以上のものになることもまた間違いありません。
もし返済ができずに遅れてしまったとしても、怖い取り立てはありませんし怖い督促はありません。
しかし個人信用情報機関には遅延という履歴が残り自分の信用問題には大きくかかわることとなります。

関連記事